「SUITS/スーツ」人気の海外ドラマをフジの月9でリメイク!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、何気に見てた10月始まりのフジテレビの月9ドラマのTVCM。

あの人気アメリカドラマの「SUITS/スーツ」のリメイクが織田裕二主演で始まるって!?

海外ドラマの「SUITS/スーツ」は何シーズンか観ていて、結構好きなドラマなので興味津々。

何かと話題性の高い日米の「SUITS/スーツ」をご紹介してみます。

日本版「SUITS/スーツ」は10月8日(月)夜9時スタート

ネットで調べたら、なんと織田裕二と鈴木保奈美が27年ぶりの共演だって!

「カンチ!」

の「東京ラブストーリー」ですね。

ギターのチュクチュク-ンのイントロで始まる小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」。

ドラマの中であのイントロが流れるだけで鳥肌が立つような、もう条件反射的状態。

ドラマと音楽の相乗効果ではおそらく国内トップクラスの作品・・・

すいません、ちょっと熱くなってしまった。

結構はまって観てました。まだ若かったんで。。。

今の若い方には何のことかさっぱりでしょうね。

平均視聴率は22.9%、最高視聴率は最終話の32.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。主題歌は小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」。ドラマのストーリーと非常にマッチした楽曲で、シングル売上は270万枚

wikipediaより引用

という、歴史的な記録を残す1991年放映の伝説のトレンディードラマでした。

(再放送もやっているようですね!)

それ以来の共演ということで、とても話題性の高いドラマなんですが、実は本家の「SUITS/スーツ」もそれ以上に話題性のある人気ドラマなんです。

アメリカでは現在(2018年9月)シーズン8が放映中の全米で大人気のドラマ。

実はシーズン7まで、あのメーガン・マークルがレギュラー出演していたんです。

英国のヘンリー王子の奥様、サセックス公爵夫人ですね。

もともと大人気のドラマの上に、メインキャストの一人が英国王子と結婚するという、ありえないことになっちゃったんです。

さすがにシーズン7で降板することになるのですが、話題性のすごさが解っていただけると思います。

ロイヤルウェディングには「SUITS/スーツ」の共演者たちも参列したらしいです。

「SUIT/スーツ」本家版のあらすじ

さて、本家「SUIT/スーツ」のあらすじですが、

ハーバード大学ロースクール出身者しか雇わないというニューヨークの超一流法律事務所である「ピアソン法律事務所」を舞台に、マンハッタンのナンバーワン・クローザーと呼ばれるエリート敏腕弁護士ハーヴィーと、ロースクールを出ていない天才青年マイクのコンビが活躍するスタイリッシュなサクセスストーリー。

凄腕のエリート弁護士だけど一匹狼的で傲慢な俺様キャラのハーヴィーと、一度見たものは忘れないという天才だけど訳ありでロースクールにも行っていないマイク。
ひょんなことから「ピアソン法律事務所」の採用試験会場に紛れ込んでしまったマイク。ロースクールを出ていない事や多少訳ありのことを知りながらも、天才的な才能を見抜いて採用してしまうハーヴィー。環境も性格も対照的な二人のイケメンコンビの活躍を描いていく爽快でカッコいいドラマです。

ドラマ・スーツはAmazonプライムビデオでシーズン1~6まで配信中です。
プライム会員なら見放題!

 スポンサーリンク

ドラマ「SUITS/スーツ」の日米メインキャスト

ドラマ・スーツ 日米メインキャスト紹介

日本版のメインキャストは若干アレンジされているようです。
相関図やキャラ設定もまだ紹介されていませんので役名と演者名のみご紹介します。

米国版(原作)日本版
役名演者役名演者
ハーヴィー・スペクターガブリエル・マクト甲斐正午織田裕二
マイク・ロスパトリック・J・アダムス鈴木大貴中島裕翔
ジェシカ・ピアソンジーナ・トーレス幸村チカ鈴木保奈美
レイチェル・ゼインメーガン・マークル聖澤真琴新木優子
ドナ・ポールセンサラ・ラファティー玉井伽耶子中村アン
ルイス・リットリック・ホフマン蟹江 貢小手伸也

ハーヴィー・スペクター(ガブリエル・マクト)

マンハッタンのナンバーワン・クローザーと呼ばれるエリート敏腕弁護士ハーヴィー。一匹狼的なクールな自信家のハーヴィーがマイクとコンビを組むことで少しずつ変化していく。
映画『グッド・シェパード』にも出演しているガブリエル・マクトがカッコいいです。

日本版:甲斐正午(織田裕二)

マイク・ロス(パトリック・J・アダムス)

一度見たものは忘れないという天才だけどちょっと訳あり。偶然「ピアソン法律事務所」の採用試験会場に紛れ込んでしまいそのまま採用されることに。学歴も資格もないままハーヴィーとコンビを組んで実績を上げていきます。マイクの成長ぶりもドラマの魅力になってます。
演者のパトリック・J・アダムスは「LOST」や「NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班」など数々の人気ドラマにゲスト出演しています。

日本版:鈴木大貴(中島裕翔(Hey! Say! JUMP))

ジェシカ・ピアソン(ジーナ・トーレス)

「ピアソン法律事務所」の所長でスタッフの信頼を集める沈着冷静なキャリアウーマン。
ハーヴィーを拾い育てた過去もあり、そのせいもありハーヴィーの強引さや暴走を見ながらもお互いに強い信頼関係にある。
演者のジーナ・トーレスは映画『マトリックス リローデッド』と『マトリックス レボリューションズ』に出演。超人気ドラマ「24-TWENTY FOUR-」の第3シーズンにも重要な役回りで出演している。個人的には当時の実際の夫(『マトリックス リローデッド』で共演したローレンス・フィッシュバーン)と夫婦役で出演したドラマ「ハンニバル」での演技がとても印象的でした。

日本版:幸村チカ(鈴木保奈美)

レイチェル・ゼイン(メーガン・マークル)

「ピアソン法律事務所」の優秀なパラリーガル(法律事務職員)。能力は高いが試験が苦手ということでロースクールには行っていないという。マイクは初出勤で一目惚れし、その関係もドラマの見どころ。演者は英国王室のヘンリー王子の奥様になったあのメーガン・マークル。
人気ドラマ「FRINGE/フリンジ」や「キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き」にもゲスト出演しています。どーでもいい余談ですが、あの小室圭さんでパラリーガルって職種がクローズアップされましたね。日本の場合とは多少違うようですが。

聖澤真琴(新木優子)

ドナ・ポールセン(サラ・ラファティー)

長年ハーヴィーの秘書を務める信頼関係にあるパートナー。ハーヴィーにとって大切な人物。
演者はサラ・ラファティー。「BONES」や「LAW & ORDER:犯罪心理捜査班」にもゲスト出演してます。

日本版:玉井伽耶子(中村アン)

ルイス・リット(リック・ホフマン)

ハーヴィーの同僚で「ピアソン法律事務所」の弁護士。ちょっとひねくれた性格で、マイクに対してもパワハラまがいのプレッシャーをかける存在。ハーヴィーをかなりライバル視している。マイクにとっては邪魔な存在の役回りだが憎めないキャラでもある。
演者はリック・ホフマン。「メンタリスト」や「ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る」などにゲスト出演している。

日本版:蟹江 貢(小手伸也)

主なキャストはこんな感じです。

キャストを見ると、日本版ではその相関が多少アレンジされているように想像します。

「東京ラブストーリー」コンビはどのような関係に描かれるのでしょうね。

この記事書いていて思ったのですが、意外に男子コンビのドラマって多いですよね。

最近では日本では「相棒」とか、海外でも「ホワイトカラー」や「シャーロック」などなど、いろいろあります。

日本版は新たな名コンビドラマになるかどうか、楽しみです。

「SUITS/スーツ」は韓国でもリメイクされてた!

正直言って、この記事を書いてて初めて知りました。韓国版「SUITS/スーツ」。

日本版より一歩早く韓国で放映されてたようです。

しかもWOWOWで放送されているんですね。

ハーヴィーの役はチャン・ドンゴン。マイク役はパク・ヒョンシク。
ある意味日本版と似たような組み合わせのキャスティングですね。

人気イケメン俳優のコンビで、こちらも日本でも人気ドラマになりそうです。

ドラマ・スーツはAmazonプライムでシーズン6まで見放題!

本家「SUITS/スーツ」は現在アメリカでシーズン8を放映中です。メーガン・マークルがヘンリー王子と結婚したために、シーズン7で降板したこともあり、ドラマは新たな展開に入ったようです。

日本ではWOWOWでシーズン7が10月放映開始。日本版と近いタイミングです。

Amazonプライムでは今ならシーズン1からシーズン6まで、プライム会員なら見放題です。

せっかくの機会ですから日米「SUITS/スーツ」を見比べてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする