Shinobiライティングに投稿してみました

クラウドソーシングサイトのめぼしいところいくつかに登録も完了しました。
登録しただけで安心してしまうのが私の悪癖なんですが、今回はさすがに切羽詰っているんで、比較的ハードルが低そうなShinobiライティングに早速投稿してみました。

スポンサーリンク

ライティングデビュー!練習もかねて初投稿

まずは細かい案件も多いShinobiライティングに、練習もかねて投稿してみました。
知識のあるジャンルの800文字程度の店舗紹介ページのライティングで、同じような内容で別の店舗の案件がいくつも並んでいましたので、それに挑戦することにしました。

ネットで検索して対象の店舗や会社の情報、同業他社のサイトなどを確認しながら、なんとか書き上げました。
さすがに初めてなので、基準の時間を大幅にオーバーしてしまい、すごく割に合わないお仕事になってしまったのですが、まあ、これも修行と思って似たような案件も合せて3件投稿しました。

知識のあるジャンルとは言え、提示されたルールに従って、主観的な表現を避けながら作文していく作業は、正直言って、あまり楽しくなかったです。
まあ、お仕事なのでしょうがないんですが。。。

案件選びから投稿完了までの流れ

Shinobiライティングのトップページにはジャンルメニューがあって、ジャンル名をクリックすると案件の一覧が表示されます。
各案件には簡単な概要と報酬(ポイント数)、文字数、募集終了日などが書かれていて、クリックすると詳細説明が表示されます。

★ポイントは1ポイント→0.5円換算です

これなら書けそうだなと思ったら、一番下にあるエントリーボタンをクリック。
同じページの下に、投稿フォームが表示されます。
さらに細かい指示やキーワード、サンプル文章などが表示され、必要なキーワードを盛り込みながら指定の文字数で記事を作っていきます。
入力フォームには入力した文字数が表示されますので、自分で数える必要はないです。

投稿ページには「・・・までに投稿してください。」と締切日時が表示されます。
この時間を過ぎたら投稿できなくなる訳じゃなく、その時間までは他の人がエントリーできなくなっていて、時間を過ぎると他の人もエントリーできるようになってしまい、もたもたしていると先に投稿されてしまう可能性もあるということです。
他の人がエントリーしてこなければ、時間を過ぎても投稿は可能です。
下書きを保存する機能もありますが、案件をキープする訳ではなく、時間を過ぎれば他の人も投稿可能になりますので、保存した下書きが無駄になる恐れがあります。

Shinobiライティング独特の仕様で、案件一覧の上や検索ページ、「ワードクラウド」のページには、募集中のキーワードがずらっと一覧表示されます。
このワードの文字サイズがバラバラなんですが、対象の案件の件数が多いほど大きい文字で表示されています。直感的に探せるということなんでしょうね。

Shinobiライティングの審査はゆるめ?

記事が承認されたかどうかは、投稿して数日経過すると「マイ記事」というページで確認ができます。今回の場合は投稿の2~3日後でした。(案件によって異なると思われます)

同じライティング専門のサイトの「ザグーワークス」の情報を検索していると、審査に落ちる話が結構見受けられました。
今回、素人の初投稿でもあり、審査落ちするかもしれないと覚悟はしていたのですが、3件とも無事採用され、結構いい気分になれました。

小さな案件3件だけで判断するのは早すぎるかもしれませんが、審査が厳しいという印象はありませんでした。


ポイントは永久不滅。現金化時の手数料無しもありお得!

記事が採用されると5営業日後にポイントが付与されます。

Shinobiライティングのポイントは「BIZ SAMURAIポイント」という名前で、これは元々が、「忍者ブログ」やアフィリエイトの「忍者AdMax」を運営している株式会社サムライファクトリーという会社がShinobiライティングを運営していたからでしょうね。
今は分社化してCROCO株式会社が運営しています。

「BIZ SAMURAIポイント」は有効期限なしの永久不滅ポイント。
1,000ポイントから1,000ポイント単位で現金やAmazonなどのギフト券に換金できます。
1ポイント→0.5円ですので、500円単位で換金できるということです。
現金にする場合は交換申請月の翌月10日に振り込まれます。
楽天銀行、ジャパンネット銀行の場合は振込手数料がかかりません!

実際にAmazonギフト券に交換してみましたが、「BIZ SAMURAIポイント」のページで交換の申請をすると、すぐにメールで連絡が来て、そのメール上の確認URLをクリックして表示される画面で申請を確定すれば、直後にギフト券の番号をメールで送られてきました。
Amazonギフト券なら記事投稿から2週間かからないで報酬を得られたことになります。

お小遣い稼ぎには丁度良い

文字単価は他のサイトに比べて低めな感じがします。
でも、お手軽な案件も多く、私のようにAmazonで頻繁にお買い物する人にとっては、おこずかい稼ぎには丁度良いサイトです。
多少苦労しますが、アンケートサイトより確実に早くポイントが貯められます。

今はAmazonで何でも買えるので、お小遣いというより僅かでも生活費の足しになります。

「ポイントUPキャンペーン」がねらい目

この記事を書いている時点では、「ポイントUPキャンペーン」を実施していました。

1日に4つの時間帯が設定され、それぞれの時間帯で1回づつ投稿すれば、2回目は5%、3回目は10%、4回目は15%の割合でポイントがアップされる仕組みです。

同じテーマ、同じ記事形体で複数案件あることが多いので、書きやすい案件を見つけてチャレンジしたいキャンペーンですね。
4回目に条件の良い案件を投稿するのも良いかもしれません。

まとめ

もう少し慣れてくれば、それなりに使えるサイトなのだろうなと思います。

ただ、やっぱり文字単価が安いので、生産性は良いとは言えないと感じました。
自分が得意なテーマであまりボリュームが大きくない案件を、時間をかけないでいくつも投稿するか、あるいは空き時間を活用してちょこちょこ投稿するか。
上手に活用することができれば「有り」だと思います。

他のサイト含めて思ったことですが、2,000文字以上の案件を書いていると、どーせ書くなら自分のブログに書いた方がいいじゃないかと思ってしまいます。

でも、書いた分確実に、日数をかけずに収入につながる仕組みはありがたいです。

審査もあまり厳しい感じはしませんでしたので、サブとしてうまく併用していくのが良いのかもしれません。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする